ハザードマップ

東日本大震災のように想定を超える自然
災害が来ることもある。ハザードマップは
被害の程度を予想するよりも、被害を受け
やすいかどうかを知る資料として使うとい
いだろ、っ。
-洪水ハザードマップ
大雨が降ることによって河川が氾濫し、
洪水の被害を受けやすい地域を知ることが
できる。想定する大岡の種類や、どの河川
が氾濫するのかによって被害の受け方は違
う。そのため、洪水ハザードマップを複数
種類用意している自治体が多い。
AV内水ハザードマップ

市街化が進み、ゲリラ豪雨のような集中豪雨も増えている。下水道の雨水排水能力を超
える量の雨が降ることで、雨水があふれ浸水してしまう被害が頻発している。こうした内
水による浸水被害に関する情報を知ることができる。
112
-高潮ハザードマップ
台風や発達した低気圧が通過する際には、気圧の低下によって海面が上昇する。さらに
沖から海岸に向かって強い風が吹きつけると、海水が海岸に吹き寄せられ海面が上昇する。
このようにして起こる高潮によって、海岸付近では海水による被害が出やすい。こうした
高潮に関する情報を知ることができる。
-津波ハザードマップ
巨大な地震に伴い発生することが予想される津波による危険度の高さや、避難場所、避
難経路など津波に関する情報を知ることができる。
-土砂災害ハザードマップ

大雨に伴い発生することが予想される土石流、地滑りといった土砂災害に警戒すべき地
域、急傾斜地の崩壊の危険のある地域、避難場所などに関する情報を知ることができる。
。火山ハザードマップ
火山の噴火に伴う溶岩流、火砕流、火山灰の降下、泥流などによる被害に関する情報を
知ることができる。主に活火山による影響が想定される地域で公表されている。
-地震防災・危険度マップ
日本に住んでいるかぎり、東日本大震災のような巨大地震がいつ再び私たちを襲ってき
てもおかしくない。地震の被害に対しては揺れやすさマップ、危険度マップが公表されて
いる。危険度マップについては建物倒壊危険度薗414]と火災危険度、液状化危険度に
分かれている。地域によって異なるが314種類のマップが公表されていることが多い。
地震に備えるためにとても参考になるマップだが、巨大地震が予想されている東京でも残
念ながら公表している自治体が少ないのが現状だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です