売り主に事情があるケース

特に物件に暇庇があるわけではなさそうだ、ということであれば、次に考えたいのが売

り主に何か事情があったのではないか、ということだ。不動産業者に連絡し、「売り主は
どうしてこの物件を売ろうとしているのですか?」と聞けばいい。売り主が抱えている事
情を教えてくれるはずだ。売り主の事情によって安い場合には、お買い得となることが多
い。売り主が抱えていることが多い事情には、次のようなものがある。競売物件が代表だろう。昔は競売u怖いもの、というイメージが強かった。それもそ
のはず、不法占拠者を立ち退かせるのが難しかったり、ローンを使いにくかったためま
とまったお金が必要だったり、権利関係が複雑だったりと、プロでもトラブルに巻き込
まれることが多かった。最近はこうした問題がかなり解消され利用しやすくなったため、
数多くの人が裁判所で行われる入札に参加するようになった。ところが、競売は入札な
ので参加者が増えれば、割安に買える機会も少なくなった。競売で買うより、普通に買ったほうが安かった、ということも数多く見られる。競売は一部の人たちだけが参加し
ていたからこそ安く買えたのだ。
むしろ、競売にかける前に売却してしまう任意売却物件のほうにチャンスがあるかも
しれない。ただし、何も理由がなくて相場よりも価格が安くなるわけではない。問題も
数多くある。まず、債権者である金融機関との交渉となるので、購入に時間がかかる。
また、売り主にお金がないので、管理費や修繕積立金の滞納が積み上がっていることも
多い。戸建てでも修繕する費用がないので、建物がかなり傷んでいることが多い。また、
残置物がある場合には、その処分にも手聞がかかる。このように、テクニックが必要に
なるので、安いとはいえ素人にはあまりお勧めができないのが実情だが、勉強したいと
いう人にとっては面白いかもしれない。たとえば、相続で取得した物件を売却して相続人に分けるというケ1スが該当する。
あまり金額的なこだわりは強くなく、早く現金化したいというニlズのほうが強いため、
相場よりも安いことが多いし、購入希望者が少なければ値引き交渉も利きやす業者が持っている物件でも、早く現金化して次の物件を取得したい、決算期末までに
数字を上げたいという理由がある場合に安くなることがある。こういう場合、買ったと
きよりも安く売る「損切り物件」であることも多い。マンションの売れ残りの部屋が安
くなるのも同じような理由だ。こういう理由であれば問題があるケlスは少ないだろう。住宅を買い換えするときには、現在の物件を売るのが先か、新しい物件を購入するの
が先かという問題が出てくる。もしも、売却した後に、購入する物件を探すのでは、い
い物件が見つかるまで一時的に賃貸物件に住む必要があるかもしれない。ただでさえ、
物入りな時期に、無駄なコストが発生してしまう。できるだけ、新しい物件を決めた後
に、売却を決めたいところだ。ところが、これだといつまでも希望の価格では売れずに、
二重にロlンを払い続ける必要があるかもしれない。いい物件さえ見つかれば、できる
だけ早く売りたくなるはずだ。なかなか売れなければ、トータルで考え厳しい値引きに
も応じるしかなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です