済環境によるもの

供給過多、需要の縮小によって在庫がダブつくようなケlスが該当する。全体の経済が
不況の時期に発生しやすい。また、ある地域に集中的に住宅を供給したものの、見込みほ
ど売れないと、こういうことが起こりゃすい。その場合には、思い切って価格を下げてで
も売らなければ、現金を回収することができない。リlマン・ショック後に発生した、ア
ウトレットマンションなどは、この理由によって安くなった典型的な例だ。
こういうケlスは、事業者の経営状態が悪くなっていることが多い。それだけに、耐震
偽装などの問題があったように物件に暇庇があるのではないか、購入後に問題が起こった
ら誰が責任を取るのか、といった点をクリアにしたい。クリアできるのであれば、
得物件になる可能性が高いだろう。

ハザードマップを調べよう
地震、台風、洪水、土砂崩れ||日本に住んでいれば、自然災害と無縁でいることはで
きない。自然災害によって私たちの住宅も被害を受ける可能性がある。地域によって台風の被害を受けやすい、地震が頻発する、といった違いがある。こうし
たリスクを避けるために、火災保険や地震保険に加入するという方法もあるが、一番のリ
スク回避手段は、自然災害のリスクの少ない場所に住むことだ。今住んでいる地域、これ
から住もうとしている地域にどのようなリスクが存在するのか、またそのリスクの大きさ
はどの程度なのか知っておきたい。こうした情報が詰まっているのがハザードマップだ。
ハザードマップは大雨や巨大地震などが発生したと想定し、その被害状況をシミュレー
ションした結果を各自治体が中心となって公表しているもの。主に次の7種類のハザード
マップがあるが、自治体によって公表状況は異なっている。その状況がまとめられている
のが「国土交通省ハザードマップポlタルサイト」だ。自然災害への意識の高まりに伴い、
ハザードマップを公表する自治体は増えている。だが、洪水と土砂災害を除けば公表して
いる自治体がまだまだ少ないのが現状だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です