物件に瑕疵があるケース

最も避けたいのがこのケlスだ。建物が沈下して傾いている、床下がシロアリにやら
れている、基礎にひびが入っている、雨漏りがひどく腐食が進んでいる、といった欠陥
住宅がよく見られる。多くの人がこのケlスを心配している。そのため、後述するよう
に物件の問題の有無をチェックしてくれるホlムインスペクションサービスが広がり始
めている。
物件の取抗といっても、問題ないケlスもある。たとえば、エアコンが古すぎる、台
所が汚い、お風呂が古いといった設備上の問題、クロスや壁が汚い、外壁が傷んでいるといった外見上の問題などだ。こうした問題であれば、リフォームすることで改善がで
きる。高額なリフォーム代がかかるなら避けたいが、そうでなければ避ける理由にはな
らない。あくまでも中古物件は素材という視点でチェックしたい。あくまで、避けるべ
きは建物の基礎や柱など躯体に関する問題だ。たまに出合うのがこのケlス。住人が自殺した、殺人事件があったというようなケー
スだ。さすがに多くの人が嫌がるので、相場よりも大幅に安くなるのが一般的だ。私な
ら間違いなく避けるが、中には全然平気という人もいる。自分は平気でも近隣の住民は
嫌ということもある。それでも平気というなら買いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です